ACLS-EP

ACLSプロバイダーコースよりもさらにレベルの高い内容を学びたい人のためのコース

概要

インストラクターがクラスルームで指導するACLS EPコースの目標は,ACLSガイドラインの主要部分をさらに詳しく説明し,批判的思考法と意思決定戦略を奨励することにより,心血管系・呼吸器系・代謝性・中毒などの複雑な緊急事態の予後を改善することです。インストラクションと症例シナリオへの積極的な参加を通して,鑑別診断や心肺停止 前・心肺停止中・自己心拍再開後の患者への治療のスキルを高めます。
カードの有効期限は2年間です。

特徴

患者評価および管理への拡大型の体系的アプローチ(ACLS EPサーベイ)の適用
心血管エマージェンシー
脳血管エマージェンシー
代謝および呼吸のエマージェンシー
心拍再開後の治療
臨床薬理および中毒学のエマージェンシー
質の高いCPR
蘇生チームでの効果的なコミュニケーション能力およびチーム全体のパフォーマンスにチームダイナミクスが及ぼす影響の認識

受講対象者

有効期限内のACLSプロバイダーをお持ちの方。
医師、パラメディカル、救急医療やクリティカルケアユニットに関わる看護師

修了試験

実技試験・筆記試験があります。(ACLSに問われる内容と同様です。)
筆記試験は四者択一式で84%以上の正解が必要です。

修了証

本コースの全課程を修了し、筆記試験・実技試験に合格すると、2年間有効のAHA公式ヘルスケアプロバイダー Healthcare Provider 認定カードが発行されます。

教材・その他

下記の教材と器材は受講生各自でご用意いただきます。

ACLS EPマニュアル・リソーステキスト G2010 日本語またはG2015英語
※テキストは各自でご購入ください。